リターナル

【評価 /10】
8点(バグなかったら9点)


【○】
---最高のアクションとゲームデザイン
ジャンルは「TPSローグライクアクション」
ローグライクという通り、ダンジョンは毎回構造が変化し、ドロップする武器やキャラクターのステータスをパワーアップするリソースの量、リスクとリターンがあってビルドを1プレイの中で構築する要素など様々なものがランダムで出現する。プレイヤーはその時手に入ったものをどう構築するか悩みながら攻略していく。全てを失ってもプレイヤーは確かな経験を蓄積して苦難を乗り越えていく。

最も評価すべきはアクション面。弾幕シューティングのような攻撃をかわしながら次々敵を撃破していくハイスピードアクション。PS5のスペックを存分に活かしたもので、大量の敵や弾幕が飛び交う中でど派手な攻撃で敵が肉片になっても処理落ちせずヌルヌルと動く(敵はクトゥルフ系のアートで触手系が多くいろいろヌルヌルしている)

ここまで触っていて気持ち良いアクションは珍しいというほどの出来栄えでPS5のコントローラーアダプティプトリガーを存分に生かした銃毎に変わるトリガーの重さ、撃った時のサウンド、スキルリチャージで出る気持ちいい音、敵が粉みじんにはじけ飛ぶ演出、まったく処理落ちしない快適なフレームレートなど、何度も心が折れそうになるような難しいゲームだったが、あの気持ち良さをまた味わいたいと中毒状態になりながら真エンドまで3周した。

このゲームが優れているポイントはいくつかあるが、
・弾が無限である事
・体力回復アイテムを満タンの状態でとると最大値が上がる
・敵を遠くで殺すとお金が一切取れないので近づいでリスクを取らなければならない

みたいなシステムも秀逸で、このゲームの緊張感を構成する重要なポイントだった。
素晴らしいアクションとこのルールとスペックが美しくハマって素晴らしいゲームになっていた。


---クトゥルフベースの世界観
謎の惑星に捕らわれた宇宙飛行士の悪夢の物語。アクションの合間に少しずつえがかれるシナリオ部分が狂気と謎に満ちていて良い。特にアート面が素晴らしかった。



【×】
---バグ
中間セーブもなく死んだらやり直しになるローグライクゲームなのに致命傷とも言える「クラ落ち」「進行不能バグ」という返品されてもおかしくない致命傷を負っている。早々に直して欲しい。


---ビルドの幅が死んでいる
武器のバランスについては極端に強い物があって、このスキルと合わさるとゴミ武器でも強くなるみたいな所が伸びきれてない。パラサイトなどの取捨選択はあまりにシビアなゲーム設計にしたがためにデメリットを取る選択をしづらくて死んでいるように感じた。


---ストーリー
物凄く魅力的で素晴らしい雰囲気なのだが、抽象的な形で終わってしまったのが残念。ストーリー見たさに真エンドまで頑張っていたような部分もあったのでふんわりしたオチにがっかりしてしまった。


【おまけ】
正直それほど期待してなかったダークホースでバグなど残念な点はあったがぜひ次回作を作って欲しい。

【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ
スポンサーサイト



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1400本↑


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア
カテゴリー
リンク
主な登場人物
raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
ブログ管理人。いい歳してゲームばっかりやってる人。殴り書きのレビューでごめんなさい!読んでくれてありがとう。


【akaoni】
相棒。ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

コメント