Cult of the Lamb

【評価 /10】
8点


【○】
・世界観とビジュアル
ゲーム冒頭、邪悪なカルトの神々に生贄にされ、気が付くと別の邪神に私を崇める教団を作り復讐をするのだと言われ主人公は対立するカルトをつぶしながら信者を集め教団を運営し信者が増え信仰が集まるほどパワーが増していき力を増していく。という非常にまがまがしいシナリオなわけだが、こんなぶっ飛んだ設定をまろやかにするような非常にかわいい動物のキャラクター達でビジュアルも含めて大きな特徴になっている。


・教団運営&ローグライトアクション
ゲームの大きな流れは聖戦と呼ばれるローグライクアクション探索部分と、集めた資源で本拠地の建築運用を繰り返す。

カジュアルな操作ながらも、挑むたびにダンジョンの構造やゲットできる装備、パッシブ能力がランダムで変化するビルドが毎回変化するローグライトダンジョンを攻略しボスの撃破を目指していく。攻撃の演出が爽快で動かしていて気持ちいい。バランス面は程よいやりごたえで多くの人におすすめしやすい(ハデスより簡単)

教団運営は木や石といった資源を集め、そこから施設を建築しそれに関連して様々な機能が使えるようになっていく。
序盤は教祖というのは名ばかりで信者たちの食事の世話やシモの世話などをせっせとする必要がありたまごっちでも遊んでいるような気分にあるのだが、こつこつを施設を建築して戒律を作ることで自動化が進んでいき便利になっていく。丁寧なシティビルドがレベルデザインされている。

このゲームならではの面白いポイントは教会で様々な戒律を作れるのだが、死んだ信者を墓に弔い周りの人を大事にするような優しいルールを増やしていくこともできれば、気に入らない信者を自由に抹殺したり、金で買収して信仰を買ったり、高齢の信者を生贄にしたり死んだ信者を食う事を推奨するような恐ろしいルールを増やしていき邪教にする事もプレイヤー次第で自由に出来るよな他のゲームない独特の個性がある。



【×】
・もっとやり込めれば…
基礎は素晴らしい。値段相応に間違いなく遊べるのだが、バトルパートは後半やりごたえが落ちてくるし、教団運営も施設の隣接効果みたいな概念がもっとたくさんあってビルドを悩むような作りになっていたらもっとよかったなと。

このゲームらしく他教団の信者を捕まえてえげつない儀式に使うみたいな世界観ならではのぶっ飛んだ仕掛けももっと欲しかった。
その辺踏まえた2のような存在はさらに高みに行くような気がする。


【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える(オススメ)
8:良作(安定)
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:低クオリティ、バグ大、コンテンツ少
0~3:残念
スポンサーサイト



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-

【評価 /10】
6点


【○】
2006年にアクワイアから発売したPS2の和風バカゲーまさかの復活!
貧富の格差が開いた江戸末期の日本を舞台に義賊になるもよし自分本位な泥棒になるも自由なアクションゲーム。
PS2の和風ゲームの傑作「侍道」シリーズのようなマルチエンディングを採用しており自身の行動次第で展開が変化していく。

主人公が「海老三」兄貴的存在が「藍之助」という時点からもうおふざけ臭がプンプンで実際ゲーム中も相手から盗んでおいて「正盗防衛!ジャーン」と出たりおふざけ放題だが、ステルスゲームの根幹に一石を投じるような非常に優れたアイディアも多くあり今遊んでも良くできているなと感心するポイントが多い隠れた名作ソフト。


・ジャストステルス
神業最大の特徴と言えるシステムで、ステルスゲームと言えば見つからないことが大前提でこのゲームももちろんそうなのだが、なんと神業は相手の正面に走りこんで行き、敵の視線に一瞬入った時のスローモーション時に回避を使う事で「ジャストステルス」が発動し、体が光っている短い時間に視線外に出れば見つかることはない。さらに、そのジャストステルスで体が光っている間に敵の懐をパンチすると一撃で大量に盗むことが出来たり、何度も殴らないと盗めないような箪笥などの大物も「一盗両断」の表示が出て一撃で懐に入れることが出来る。このゲームでは「素敵」に盗むことが非常に重要で、スタイリッシュなアクションを決めるほど高く評価される。主人公はお金を払う事で壁に張り付いたり、階段の段差に寝そべって隠れるなどの豊富な技を覚えていくのだが、それらを組み合わせて素敵なプレイを心掛けただの泥棒から華麗な怪盗を目指していく事が可能となり、プレイヤーの腕前が向上するほどスタイリッシュな自分のプレイに酔うことが出来る。個人的には盗んだアイテムを詰めた風呂敷をキャプテン翼ばりにシュートして敵を吹き飛ばすアクションが最高に笑える。


・マルチエンディング
大きくは病弱な娘のためにお金を使うのか、貧困な民のために使うのか、はたまた…と複数の選択肢がある。民に尽くせば町で岡っ引きに追いかけられても手配書を破ってくれて守ってくれるが、逆に民から盗んでいると石を投げられ家に帰るのも一苦労となってしまう。


【×】
・今の時代のゲームと比べてしまう…な不満点
まずPS2時代の粗さ、ガイドの甘さや移動のめんどくささ、カメラのストレス、遮蔽物が仕事していなかったりと不満はいくつかあるが、PS2時代に出たと思うとこのゲーム完成度高いなと感心してしまうのだが。あとボリュームはやはり少なめに感じると思う。


【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える(オススメ)
8:良作(安定)
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:低クオリティ、バグ大、コンテンツ少
0~3:残念


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

夜廻三

【評価 /10】
6点


【○】
◆世界観、アートワーク、音楽
シリーズ通しての小さな女の子が日本の田舎町を深夜に徘徊し怪異と戦う世界観が魅力的。
手書き感のあるアートが魅力的で、音楽も素晴らしい。
不気味な雰囲気のロケーションや独特のデザインの怪異など今作も総じてアートワークが良かった。


【×】
◆息切れを感じた
新鮮味がとにかく薄い。過去作品からの変化は小さく、安心して遊べる続編だが無難な印象。
ストーリーはまとまりがあって決して悪くはなかったしキャラクターの関係性など設定は良かったのだが、終盤一気に物語が進むような感覚で、大半の時間は「なんだかよくわからないなあ」という感じで、物語が徐々に盛り上がるような展開が作れていない。各所で出会う怪異も結局どういうなのかもぼんやりしすぎていて、結局なんだったんだろう?で終わってしまうのも勿体ない。もっと情報を与えて盛り上げる事が出来るのかなという気もする。

小さな怪異の使いまわしも多く3作目となり、学校などロケーションが過去作と被っているような部分もあるしネタギレ感を感じる感覚が正直あった。当然面白い部分もちゃんとあったので総合的にダメということはない。


◆ホラーを薄れさせるアクション。
本作はシリーズで最もアクション性が高い。楽しめたポイントではあるので「死にゲーアクションとしてみれば」面白い部分もあるのだが、ホラー作品としてみればマイナスに働く部分が大きいと思う。これは初代から自分は不満点として挙げているので開発側のコンセプトとズレているんだろうなと思う。それでも題材が好きなので買い続けている。

個人的に夜廻に求めているのは日本のジトっとしたホラーゲームとしての怖さや物語なのだが、アクションの難易度が上がって死にゲー化し、何度も死んでを繰り返してアクションに挑戦しているとその数が増えるほど怖さが失われていく。要するに死の価値が失われていくわけだが、死にたくないから逃げ回るというのがホラーの面白さだと思うが、死んでリトライの速度があまりに早いし本作みたいにFF14の床予告が出てそこに攻撃がくるみたいな「これはゲームですよー」って演出が強まるほど白けてしまう部分がある(床にどろどろの液体が出て来て、そこから攻撃が来るみたいな予告は良いと思う)例えばバイオハザードは弾が絞られているから怖さをキープ出来ているわけだが、弾が打ち放題になった瞬間にただのシューティングゲームになってしまうようにバランスなんだろうと思う。さらに夜廻はビジュアルも可愛いので、FPSタイプのリアルホラーと違って余計にその怖さが薄れる影響を受けやすいのかもしれない。死の価値を保つバランシングって難しいんだなって事を感じさせてくれた。

【おまけ】
良いシーンも多かったので勿体ない作品。
シリーズのファンにとってはいつも通りと言える一定のラインは満たしているのだが、
オリジナルを作り続ける日本一ソフトに対して期待値が高いので挑戦をしてほしい。

【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える(オススメ)
8:良作(安定)
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:低クオリティ、バグ大、コンテンツ少
0~3:残念

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

最新記事
ブログ内検索
プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1400本↑


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア
カテゴリー
リンク
主な登場人物
raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
ブログ管理人。いい歳してゲームばっかりやってる人。殴り書きのレビューでごめんなさい!読んでくれてありがとう。


【akaoni】
相棒。ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

コメント